こちらのサイトでは、管理職でのワークショップとして、人気のレクが行われる事があるというような事を紹介しています。
少し珍しい名前ですが、アルティメットという特殊なディスクというフリスビーのようなものを使った運動を行われる事もあります。
こちらは、ディスクをパスをして繋いでいくというようなゲーム内容になります。
こちらの運動では、決められたゾーンの中で掴めば得点が入るという内容になっています。
このような取組では、1チームは5人~7人とされ、予算は約10万円程度となる事があるでしょう。

管理職ワークショップで人気のレク

管理職ワークショップで人気のレク 管理職でのワークショップでのレクでは、社内運動会というものがあるかも知れません。
このような活動を行う事によって、関係性を改善する事や関係性の向上が期待できるとされています。
楽しい時間を皆で仲良く過ごしましょうというような意味合いのものとなります。
会社で快適に働けるようになるためのものでもあるために、管理職を行っている人が、人間関係の改善のために提案する事もあるのではないでしょうか。
仲間意識が芽生えることによる効果を期待されて行われるものとも言うことができそうです。
そして、結束力を高くするためにも役立つものであるともされています。
ちなみに、ディスクゴルフという運動では、フライングディスクをボールの代わりとして使います。

ワークショップは管理職が楽しいと感じながら学べる研修です

ワークショップは管理職が楽しいと感じながら学べる研修です ワークショップは講師から話を聞くだけの講習とは違い、参加者が意見をしたり体験したりしながら、課題を見つけ解決するための方法を模索する能動的なセミナーです。
近年では、ビジネスの場でも注目されていて、企業が主催し研修する会が開かれることも増えてきています。
ビジネスでのワークショップは新入社員向けや一般社員向けなどさまざまな種類がありますが、管理職向けの研修も多く開催されています。
ワークショップでは、講師から話を聞くこともありますが、大半は参加者が意見交流をしたりゲームを通して体験する活動をします。
体験するゲームは、部課長ゲームやベストチームなど、参加者通しが交流してするものが行われる場合がほとんどです。
いずれにしても報告、連絡、相談や部下に明確に指示することの大切さなどに気づくことが出来る内容のものを行うことが多いです。
このようにゲームなどの体験を通して学ぶことが出来るため、ただ話を聴くだけの一般的な研修に比べて楽しいと感じながら参加することが出来るでしょう。
自分自身で考えながら、体験を通じて実践的なスキルを身に着けられる研修のため、管理職研修を開催したいと考えている方にとって選択肢の一つとなる研修だと言えます。

経験を積んだ50代の管理職向けワークショップ

管理職向けワークショップには、50代の社員も多数参加しています。新人時代とは異なり様々な経験を積み重ねてきた50代の社員には、管理職としての自覚を持ち、企業の将来を形作っていくためのワークショップが必要です。ワークショップで実施される50代向けの研修のポイントでは、これまでの知識やノウハウを若手社員に残していくための方法や、老後を見据えた人生のプランニング、より良いコミュニケーションなどを学びます。他の年代に比べても仕事と家庭における重圧が多く、多数の責任を負っているのがこの年代の特徴でしょう。職場では人生の良き先輩になって若手社員の相談相手になる一方、管理職として組織を束ねていく力を求められます。50代のワークショップではこれらの要素を踏まえながら、キャリアを継続していく方法などを学びます。歳を重ねたことによる自分の変化に気づき、企業に対してもこれまでとは違う関わり方を求められる年代と言えるでしょう。

組織の中核的存在である管理職のワークショップ

新人時代とは異なり、管理職には立場に合わせた学びが必要になります。管理職向けのワークショップでは組織に対しての関わり方や指導の仕方、コミュニケーションの取り方といった幅広い要素を学べるのが特徴です。企業の中核となる管理職だからこそ理解しておく経営理念や、管理する立場としてのメンタルなどがワークショップの要素として取り入れられることもあるでしょう。また、管理職は自分が担当する部署だけではなく、組織全体に気を配り、状況を把握することも求められます。経営陣への補佐と提案、部下の育成や指導の手法を学ぶことで、よりいっそうスムーズに業務を行うことができるはずです。ワークショップでは同じ立場にある参加者とディスカッションを行い、議論によって新たな考えを知ることができます。自分1人ではできなかった発想や考え方との触れ合うための、貴重な機会ともなっています。ディスカッションで得た結論や学びは共有し、業務に役立てることができるでしょう。

管理職向けワークショップで経験値を活かしたマネジメントを学ぶ

管理職が部下の指導や部署内の管理に力を発揮するためには、マネジメントについて学ぶ必要があるでしょう。特に新任の管理職の場合はマネジメント経験が少なく、自分の役割や指導方法をまだ理解していないことが多々あります。管理職としての立場を自覚し、これまでの業務で培った経験値を活かしながら指導を行うためにはワークショップが役立ちます。管理職向けのワークショップではマネジメントの基礎を学ぶことができる他、指導力の向上、マネジメント知識の取得なども可能です。これから管理職になる社員に向けてワークショップを行ったり、将来的に企業の中核を担う人材の育成に活用したりと、環境に合わせてさまざまな使い方ができるのもワークショップならではの利点でしょう。実施するべきワークショップは企業によっても異なります。自社にもっともあったものを選ぶことで人材を育て、社内の環境をより良いものにしていくことができるようになっています。

管理職向けワークショップのチェックポイントについて

管理職向けワークショップとは、管理職間で共通の課題などの議論して解決ためのグループワークなどを通じた経験をすることができるものです。マネジメントには目標設定や達成のためのプロセス、部下の育成など様々な業務を必要としています。これらの対応ができるようになるかを口コミや同じ役職や上長を通じて確認することが、チェックポイントの一つとなります。またテーマ設定も重要で、実際に現場で起こっている具体的な課題が設定されいるか確認すると良いでしょう。現場で起こっている課題をテーマにすれば、自分ごとかしやすく解決案が分かれば次の日から実行に移せるからです。ワークショップには集合型と個別型という者があって、個別型は企業のマネージャーなどが集まって行うものです。一方の集合型は様々な企業間でマネージャーなどが集まって行うもので、最近ではWEB会議システムを活用して盛んに行われています。なかには無料のテーマもあるので、試しに探すのもありです。

管理職の心構えや指導法を学ぶ人気ワークショップ

多種多様なワークショップが開催される中、管理職向けとして人気なのがリーダーシップ研修やコーチング研修です。リーダーシップ研修では管理職としての自覚を促し、リーダーの心構えを学ぶことができます。自分に管理職が務まるのか不安、周囲がついてきてくれる自信がないといった悩みを持つ方にとっても有意義なワークショップになるでしょう。部下の育成方法や指導方法についても学ぶことができる他、チームを目標に導くための力をつけることができます。 コーチング研修の特徴は、周囲のやる気を引き出す指導法に特化した内容でしょう。部下を育成するためには管理職本人に自覚が必要です。自分の役割を考える、最適な言葉で周囲を導くなどの要素を学ぶことができます。コーチングスキルの習得にはロールプレイングが使われることもあり、管理職と部下の役割を参加者が演じ、その気持や指導について理解を深めます。ロールプレイングによって長所と短所を見極めて、確実なフィードバックが可能です。

管理職の人材育成にはワークショップ受講が有効

管理職の育成に悩んでいる企業の方は、ワークショップの受講を検討してみてはいかがでしょうか。チームを率いる立場の管理職を育てることは、会社の未来のためにとても重要です。仕事をこなす以外にも、会社の経営に目を向けたり、チームを円滑にまとめたり、部下をスキルアップさせたりと様々な能力が必要となるポジションです。中間の管理職が正常に機能しないと、業務が滞ったり社員のストレスがたまったりしてしまいますので、管理職の人材育成は会社の未来に関わる問題です。
現在企業向けに実施されている研修には、大別すると主に2タイプの研修があります。講師が複数の受講者に対して講義内容を説明する講義タイプと、研修の受講者自身がアウトプットすることで学ぶワークショップタイプの研修です。後者は例えばグループでディスカッションしたり、与えられた課題に対して報告や発表を行います。講義タイプの研修だと内容について理解できるのですが、実際に体験することで具体的な現場での実践方法を学ぶことができて、より理解を深めることができます。

次世代のリーダーを作る管理職向けワークショップ

管理職を中心に据えたワークショップでは、企業の将来を担う次世代のリーダーを育てる研修が行われています。
企業の多くが次世代のリーダーを求めており、その育成に苦心しています。できるだけ早い段階からが無効となる管理職には様々な角度から起業や経営について学べるワークショップに参加することで、リーダーとしての視点を身につけてもらうことが重要になるでしょう。また、将来的に企業の未来を担うリーダーになるためには、自分自身の能力について知り、最適な指示を部下に与えながら業績アップを目指すイメージ作りなども必要になります。管理職はただひたすら部下に指示をするだけではなく、その場の状況に合わせて常に最適な選択をしなければいけません。各種業界で経験を積んだ講師の生の言葉を聞き、時には実際に起こった出来事をモデルケースにして参加者同士で話し合うことで、将来を担う存在としての考え方の基本から学ぶことができるでしょう。

管理職のスキルを身につけるワークショップ

管理職のワークショップは未来のリーダーとして必要なスキルを身につけることを目標の一つとしており、講師から学ぶことで日々の業務や部下との関係をスムーズに進めることができます。
管理職に必要なマネジメントスキルには、部下との間に信頼を育む関係性の構築、次の世代のリーダーとなる人材の育成、企業のビジョンに即した変革などがあげられるでしょう。また、職場全体の意識を鼓舞するスキルや様々な情報を考慮して冷静な判断を下す論理的思考、リモートワーク中の社員にも判りやすく説明することができるコミュニケーション能力なども必要です。さらにプロジェクトリーダーの役割を果たし説明責任を果たすことも求められます。管理職が必要とするスキルは多種多様で、毎日の業務はもちろんのこと部下とのコミュニケーションや企業の将来を担うものなどもその範囲に入ります。ワークショップでスキルを身につけることで、管理職自身の能力向上にも役立つはずです。

オンラインでの管理職ワークショップのススメ

若手育成に悩む管理職の方、自営業や個人事業主の方で、人に頼めるのだけどご自身でも幅広いジャンルの知識や一般常識が必要になるので悩まれている方は、ワークショップオンラインを活用なさるのはいかがでしょうか。
コロナウイルス対策で管理職向けにもテレワークが推進されていますが、オンラインワークショップを導入している場合、若手育成のコストを大幅にダウンしているケースが少なくありません。 また、個人で仕事をされている方も、積極的に参加をしていることが多いのが実情です。24時間いつでも好きな時間に、ご自宅などお好みの場所でインターネットからビジネスに参加をすることができるのがミソです。
管理職の方だと、仕事の効率などを気にされていたり、人を頼んだり頼まれたりすることが多いので、管理能力が問われることが多いでしょう。 ネットでミーティングもできるので、危ない仕事は少ないのも魅力の一つになります。 個人のスキル研修もイライラする事が減ります。

管理職には経験豊富な講師が行うワークショップ研修がおすすめ

管理職の育成には、経験豊富な講師が実施するワークショップ研修の受講が有効です。講義タイプの研修の場合、聞いているだけで理解したつもりになってしまい、知識としては有効ですが実際に現場で実践するときどのように当てはめてよい変わらないことが多いです。その点ワークショップ研修であれば、研修の中でアウトプットを行いますので、より実践的な理解を深めることができます。
また、グループ内でディスカッションや課題があったりしますので、自然と受講者同士で仲良くなれます。管理職となる人物であれば、様々な人脈を築くことは後々仕事にも役に立ちます。同じ立場同士励ましあうこともできますので、コミュニケーションタイプの研修はとても有効です。
研修は経験豊富な講師が担当していますので、レベルの高いアウトプットを求められたりと、かなり学ぶことが多いです。筆者も昇級前に管理職研修を受講しましたが、他社の同じ立場の方たちの考え方やレベルの高さに驚かされ、とても良い刺激となりました。レベルの高い研修は金額以上の価値があると思いますので、ぜひ一度受講してみることをおすすめします。

管理職ワークショップは店舗経営者にも最適

管理職ワークショップは一般的には企業の管理職向けのものであると考えられており、その他の職業にとっては無縁のものと感じることが少なくありません。
しかし、習得できる内容は様々な業種に適用できるものとなっていることが多く、特に様々な物事の管理や適切な仕分け等は店舗経営者にも充分に役立つ内容となることが多いものです。
店舗の管理は様々な煩雑な業務が存在し、物品の管理や売り上げ利益、及び従業員の適切な配置等一般企業の総合的な業務に類似した部分が少なくありません。
これらを日常的にスムーズにこなすためには合理的に業務を進めるための知識を持つことが有効な方法であり、この内容は管理職ワークショップで習得できるものとなっていることが多いものです。
店舗経営者のほとんどは独学で様々な管理を実現していることが一般的ですが、その内容には多くの無駄が生じていることもあるため注意をすることが大切です。
特に従業員の最適な配置は知識と経験がないと実現できないことが多いため、その知識を得るために有効な手段となっています。

学校の管理職によるワークショップの活用が増加

管理職のワークショップというと、企業で働く人が参加するというイメージを持たれがちです。
そのような人たちが多いことも事実ですが、別の機関の管理職もよく見受けられます。
たとえば、学校関係者もそうであり、部下の教員たちを管理する立場の人も参加しています。
むしろ一般的な企業よりも熱心に学習する人が多いぐらいです。
学校ではマネージメントについて学ぶ機会が多くありません。
そのため、ワークショップが重視される傾向にあり、そこで得た知見を現場で活かそうとする意欲が強いです。
これは企業からの参加者にとってもメリットがあります。
なぜなら、企業とは大きく異なる環境の管理を垣間見られるからです。
教育現場のマネージメントを知ることで、その分野でのビジネスのヒントを得られるケースもあるでしょう。
以前とは異なり、教育機関も高い営利性を求めるところが増えています。
その一環として、このような学習の場が重宝されるようになりました。

管理職ワークショップオンラインで参加のメリット

管理職がワークショップにオンラインで参加するのは、自分のスケジュールに合わせて学ぶことができるため忙しいときに便利です。
通勤の必要がないため、効率的に学ぶ時間を確保できます。
効果的なチームマネジメントなど、専門的なスキルと知識を提供されます。
リーダーシップスキルの向上に焦点を当てており、リーダーシップの戦略的な側面を理解し実践的なスキルを磨く機会 があるでしょう。
他の人との交流の機会があり、異なる組織や業界からの洞察を得ることができます。
コラボレーションの機会を通じて、新たなアイデアやアプローチを獲得できるのがメリットです。
理論だけでなく実践的な演習やケーススタディを含んでおり、学んだスキルを実際の業務に適用できるようサポートしてくれます。
交通費や、宿泊のコストを削減できるため予算にやさしい選択になるでしょう。
ワークショップは管理職に適したプログラムが増えているので、得られるスキルが多いのが特徴です。

管理職ワークショップで仕事の進め方を学ぶメリットとは

管理職ワークショップでは、一般的に管理職の立場での様々な知識や仕事の進め方の手法を習得することが多いものです。
これらの業務に特化したものとなっていると考える人が多いのですが、実際には単純に管理を行う立場と言うだけではなく、効率よく日常業務を進めるために必要な知識を得ることができるのもポイントとなっています。
一般的にこのワークショップを受講する管理職の世代は、日常業務に追われる中で様々な環境の変化に対応してきたと考えられる人材が少なくありません。
しかし明確な基準や知識を持たないまま経験則で対応していると言う部分も多いため、一般的な基準を知らないケースも多いものです。
日常的な業務の中では問題がなく進めることができていても、様々な法則論を必要とする場合にはその知識がないために問題となることも少なくありません。
これらの知識を仕事の進め方を通して学ぶことができるので、自分自身をステップアップするために必要不可欠なものとなっているのがポイントです。

管理職のワークショップで積極的に情報を得よう!

管理職がワークショップに参加する主な目的はマネージメント能力の向上です。
しかし、それ以外にも何かを得たいと思っている人は少なくありません。
具体的には、これからも仕事に役立つ情報を得たいと願っているケースが多いです。
ワークショップの種類にもよりますが、さまざまな相手と知り合う機会が多くあります。
自社にいるだけでは話せないよう相手も、たくさん参加しているからです。
しかも、全員が管理職もしくは管理職になる従業員という共通点もあります、同じ観点で物事を討論できるため、自分の業務にダイレクトに活かせる知見も得やすいです。
マネージメントに関しても、斬新なアプローチなどを教えてもらえる場合があります。
また、市場の動向といったマーケティング関連の情報なども入手できるケースがあるでしょう。
いずれにせよ、こちらから積極的に関わっていくスタイルが基本になります。
そのポジティブな姿勢は、職場に戻ってからも役に立つものです。

おすすめの管理職情報サイト

管理職向けワークショップ

新着情報

◎2023/12/1

情報を追加しました
>管理職ワークショップは店舗経営者にも最適
>学校の管理職によるワークショップの活用が増加
>管理職ワークショップオンラインで参加のメリット
>管理職ワークショップで仕事の進め方を学ぶメリットとは
>管理職のワークショップで積極的に情報を得よう!

◎2023/2/3

情報を追加しました。


>管理職の人材育成にはワークショップ受講が有効
>次世代のリーダーを作る管理職向けワークショップ
>管理職のスキルを身につけるワークショップ
>オンラインでの管理職ワークショップのススメ
>管理職には経験豊富な講師が行うワークショップ研修がおすすめ

◎2022/4/15

情報を更新しました。
>経験を積んだ50代の管理職向けワークショップ
>組織の中核的存在である管理職のワークショップ
>管理職向けワークショップで経験値を活かしたマネジメントを学ぶ
>管理職向けワークショップのチェックポイントについて
>管理職の心構えや指導法を学ぶ人気ワークショップ

◎2020/11/27

ワークショップに参加するメリット
の情報を更新しました。

◎2020/9/28

管理職が抱える課題を克服
の情報を更新しました。

◎2020/8/18

チームを引っ張る能力
の情報を更新しました。

◎2020/4/24

戦略MGゲーム
の情報を更新しました。

◎2020/3/3

ビールゲーム|レク例
の情報を更新しました。

◎2020/02/14

サイト公開しました

「管理職 楽しい」
に関連するツイート
Twitter

私の世代だと徐々に管理職に上がる人も出てきてるけど、「管理職になれて嬉しい」「管理職の仕事が楽しい」という話はほぼ聞かない。 どちらかというと、「部下の教育とかマジでどうでもいい」「思ったより給料上がらなくて仕事だけ増えた」という愚痴が大半で、本当に管理職が「罰ゲーム」化してる。

個人的には管理職の仕事より現場に出る仕事の方が楽しい管理職になった途端にクレーマー対応やら政治家凸対応とか増えてきてつまらん。 目の前の支援者にガッツリ関われる方が断然楽しいのだ。 上に上がればクソ上司に使われるリスクは減るのも確かだけど。

初めてこのラジオを、拝聴しました。SMAPの中間管理職ゴローちゃん。退所してからの活動は、素のゴローちゃんやろなと思ってます。解き放たれたように、タッキーや北山君の名前出して😭SMAPを敬愛してる健君との楽しい時間、楽しませて貰いました。ありがとう💖

パロ世界線ですが巳沢はたぶん雇われの店長とかじゃないかな…えっちなオイルばらまいてる元締めの連中との板挟みになってるんだろな…中間管理職の似合う男だ… 佐鳥くんと巳沢が2人でいる休憩室とかめっちゃギスギスしてそう…とか想像が捗って楽しいのでまた機会があれば描きたいな!😉

しかし、今回の件で企業の管理職は体裁を強調して人間的魅力に欠けた人が多い。 もし、若い世代で自分が何かしらの専門分野に長けているなと思ったなら、若い内に何かしらの資格を持って専門職に就いた方が自身の興味関心を活かした楽しい人生を送れると思います。