管理職が抱える課題を克服

管理職が抱える課題を克服 日本企業の問題点として、しばしば指摘されるのが管理職が十分に育っていない点です。
本来であれば数多くの部下を指導し、一人前のビジネスパーソンへと成長させるべき役割を担う管理職の方々が、日本国内では不足しており、その結果として若手社員の離職や休職が増えている課題があります。
ワークショップを社内で開催し、外部から人材育成に詳しい専門家を講師に呼べば、管理職の方々のスキルアップに繋がります。
ベテラン社員の指導力が不足すると、社内でハラスメントが横行したり、情報流出が続出する等、目に見える形で悪影響が生じます。

組織によっては、世代間のデジタルデバイドが深刻です。
若手社員と管理職の方々の間に、パソコンスキルやネットリテラシーの格差が生じていると、意思疎通がうまく図れなかったりお互いに信頼関係が築きにくくなる可能性があります。
社内でネットリテラシーに関するセミナーを開催したり、電子機器の基本的な操作方法や応用力を学べるワークショップを開催し、その課題を克服するように取り組みたいところです。

管理職ワークショップで部下の信頼を得るには?

管理職ワークショップで部下の信頼を得るには? ここでは管理職ワークショップで部下の信頼を得るにはどうすればいいか説明します。
管理職は、まずは誰とでも接することのできるコミュニケーション能力が必要です。
必ずしも、部下よりも仕事ができる必要はありません。
他の社員をどれだけ効率的に活用できるかが大切です。
褒め方や叱り方なども学びますが、それよりも管理職の人間性が大切になってきます。
どれだけ仕事に対して情熱ややる気を持っているかの方が遥かに大切です。
それに、うまい叱り方をしても気持ちは伝わりません。
自分の欲望を実現したい気持ちをぶつけるからこそ、相手にも伝わるからです。
ですから、ワークショップでは、まずはPDCAサイクルなどの理論を徹底的に学んで他の社員の負担を減らす事でも、他の社員の信頼を得ることもできます。
もちろん、会社の経営や効率化にも関わってくるので、より戦略も立てやすくなります。
長期的な視点や広い視野を持って学ぶことも管理職の人では重要になります。

新着情報

◎2023/12/1

情報を追加しました
>管理職ワークショップは店舗経営者にも最適
>学校の管理職によるワークショップの活用が増加
>管理職ワークショップオンラインで参加のメリット
>管理職ワークショップで仕事の進め方を学ぶメリットとは
>管理職のワークショップで積極的に情報を得よう!

◎2023/2/3

情報を追加しました。


>管理職の人材育成にはワークショップ受講が有効
>次世代のリーダーを作る管理職向けワークショップ
>管理職のスキルを身につけるワークショップ
>オンラインでの管理職ワークショップのススメ
>管理職には経験豊富な講師が行うワークショップ研修がおすすめ

◎2022/4/15

情報を更新しました。
>経験を積んだ50代の管理職向けワークショップ
>組織の中核的存在である管理職のワークショップ
>管理職向けワークショップで経験値を活かしたマネジメントを学ぶ
>管理職向けワークショップのチェックポイントについて
>管理職の心構えや指導法を学ぶ人気ワークショップ

◎2020/11/27

ワークショップに参加するメリット
の情報を更新しました。

◎2020/9/28

管理職が抱える課題を克服
の情報を更新しました。

◎2020/8/18

チームを引っ張る能力
の情報を更新しました。

◎2020/4/24

戦略MGゲーム
の情報を更新しました。

◎2020/3/3

ビールゲーム|レク例
の情報を更新しました。

◎2020/02/14

サイト公開しました

「管理職 課題」
に関連するツイート
Twitter

📢管理職研修の効果測定に関する調査📢 調査結果の概要: ・約7割が管理職研修を実施 ・研修の効果測定について、約5割が「実施しているが、改善の余地がある」と回答 ・運営上の最大の課題は、「効果測定の難しさ」 など 詳細はこちらからご覧ください!

職場での産休・育休問題は社内教育、人間関係、組織や人員の問題、管理職のスキル、経営者の姿勢、あとは従業員個人の気質や思考(認知)等の問題。 自社が抱えている課題に気づいているか、改善案を持っているか、対策を実行できているか…問題のレイヤーはだいぶある。

ワーディング良すぎる。 「マネジメント課題の「筋トレ発想」」 —『罰ゲーム化する管理職 バグだらけの職場の修正法(インターナショナル新書) (集英社インターナショナル)』小林祐児著

会社のコミュニケーションを活性化させたいという課題に対してもっと飲み会やろうといっていた人たちのことバカだと思ってたけど一周まわってめちゃ大事だと思うようになった。これは中間管理職のマインドセットが私にも芽生えてきたということなのだろうか。

3月22日(金)に行われた「D&Iかながわメンバーズ」令和5年度全体会議にアイネットも出席いたしました。本会議では、『女性管理職育成に関する成果と課題』や『D&I 推進のための自社の取組と課題』について他社と活発に意見交換を行いました。 会議の様子など詳細はこちら↓