ビズストーム|管理職ワークショップでのレク例

ビズストーム|管理職ワークショップでのレク例 会社の基盤を担う管理職を中心に、経営に携わる人たちが経営に関してをしっかり学べる方法として「ビズストーム」があります。
ワークショップを通すことで具体的にイメージすることができます。
簡単にここで紹介したいので「ツリーゲーム」というワークショップです。
真ん中に1本の木があり、それを経営目標とした上でそこから枝分かれとして発生する部分をどうこなしていくかを実際に書き出していくことです。
経営目標達成のためにはそれに関係するたくさんの部署があり、その下にたくさんのチームや人がいる。
それらを雰囲気させ、そして利益を得るための方法や役割を書き足していくことで全体を動かすためにやらなければ行けないことが「見える化されていく」というものです。
管理職だけではなく、各チーム毎など「共通の目標を持つ」ということがあれば誰でもできます。
仕事をしていく上での具体的なイメージをふくらませるには最適な方法であり、注目されています。

管理職がワークショップでマーケティングを学ぶ

管理職がワークショップでマーケティングを学ぶ 管理職になると今までと仕事の仕方が変わってきます。
その一つにマーケティングがあります。
管理職は経営者でなくてもマーケティングの知識が必要です。
そのためワークショップで学ぶことも大切です。
ワークショップでは、講義を受けて知識を得る方法だけではありません。
ゲームをしながらチームをまとめ方を学ぶ方法もあります。
限られた時間の中で皆が納得できる結論を導き出したり、実際の事例をもとに勉強をしたりします。
独自で本などを読んで知識を付けることもできますが、大勢でロールプレイングをするのは研修でしかできません。
研修には色々なものがあるので、企業としてはお金をかけてでもやる価値があるものを選定する必要があります。
研修の目的には人材育成だけではなく、管理職の目線を上げて会社全体の意識改革にもつながります。
現場にいる管理職のモチベーションの向上やレベルアップは、部下の成長にもつながります。
会社全体がより成長するためにも必要なものです。

新着情報

◎2023/12/1

情報を追加しました
>管理職ワークショップは店舗経営者にも最適
>学校の管理職によるワークショップの活用が増加
>管理職ワークショップオンラインで参加のメリット
>管理職ワークショップで仕事の進め方を学ぶメリットとは
>管理職のワークショップで積極的に情報を得よう!

◎2023/2/3

情報を追加しました。


>管理職の人材育成にはワークショップ受講が有効
>次世代のリーダーを作る管理職向けワークショップ
>管理職のスキルを身につけるワークショップ
>オンラインでの管理職ワークショップのススメ
>管理職には経験豊富な講師が行うワークショップ研修がおすすめ

◎2022/4/15

情報を更新しました。
>経験を積んだ50代の管理職向けワークショップ
>組織の中核的存在である管理職のワークショップ
>管理職向けワークショップで経験値を活かしたマネジメントを学ぶ
>管理職向けワークショップのチェックポイントについて
>管理職の心構えや指導法を学ぶ人気ワークショップ

◎2020/11/27

ワークショップに参加するメリット
の情報を更新しました。

◎2020/9/28

管理職が抱える課題を克服
の情報を更新しました。

◎2020/8/18

チームを引っ張る能力
の情報を更新しました。

◎2020/4/24

戦略MGゲーム
の情報を更新しました。

◎2020/3/3

ビールゲーム|レク例
の情報を更新しました。

◎2020/02/14

サイト公開しました

「管理職 経営」
に関連するツイート
Twitter

経営側が先に祝う態度を見せる ・経営側が欠員分の人員補填を行う ・管理職が男女関係なくカバー業務を割り振りする ・産休育休取得者の夫は妻の復帰後に妻ばかりに育児系の突発的休みを押し付けない(妻側の企業と社員にタダ乗りしない) をして循環させたら良くなるかも…

半年前のキャリア面談で、会社の状況をふんわりとした楽観主義で話し、私の未来への不安は嘘だと言わんばかりだった、マイ上司。大規模な希望退職、見事に的中しちゃいましたよ。 末端の管理職があーなら、経営者はもっと悲惨。これ、マジで経営判断のミスなので、正式に責任取るべきよ。

不登校も特別支援も知らなければ 学校経営なんて素人 管理職研修でやっとでてくる学校経営 つまりクラス単位はわかるけれど、 個別対応も全体もわからない オンラインは2人以上いるから対象になる まじめに話しようと思うと負担がでかすぎる とりあえず制度と仕組み勉強して出直してきて?

既存事業への危機感について、経営層と管理職層は「大変強く感じている」と答える。 しかし一方で、管理職が既存事業の危機感から新規事業に力を尽くしているか?と問えば、ケースは決して多くはない。 だからあなたたちは「変化を望んでいない」と言われるのだ。

記載内容は過激ではあるが言っていることはわからないでもない。でも、管理職になって長年経過した今、若いころに経営や管理の視点で物事を考えられたか?と思うと、そんなことはない。難しいところ。 ■会社に「成長意欲がない」幹部がいる やっかいである