チームを引っ張る能力

チームを引っ張る能力 会社全体で業績を上げるためには、各部署、各課が数字を伸ばす必要があります。
社員個人個人の成績も大切ですが、自分の所属しているチーム全体の数字が伸びなければ、業績判定で不利になることもあります。
チームが成績を伸ばすためには管理職の存在が重要です。
売上目標を掲げ、それを達成するための道筋を示して、部下全員が働きやすい環境を整備することが求められます。
管理職になったからといってその能力が急に身につくわけではありませんので、学ぶ姿勢が大切になります。
管理能力を学ぶための講座としてワークショップがあります。
ただ話を聞くだけではなく、自分が参加して実際に体験する講座です。
講師から学ぶだけではなく、参加者同士も意見交換することで新しい可能性をしって成長していけますし、仕事上の付き合いが広がる可能性もあります。
自分が抱えてる疑問を解決するためのヒントとなることもありますので、積極的に参加することが重要です。

管理職のワークショップはマネジメント業務に役立つ

管理職のワークショップはマネジメント業務に役立つ 管理職のワークショップは、マネジメント業務についている人に好評です。研修に参加しても違和感があった管理職の、気持ちに寄り添って少人数で役立つセッションを行っています。
短期間で解決できないような悩みも、ディスカッションすることでヒントが見ててきます。
具体的な課題に関して、克服するためにどうしたらいいか講師と一緒に考えるのが特徴です。

参加した人は、マネジメントスキルが研修より向上したという評価が聞かれます。
日常の習慣まで、掘り下げてアドバイスしてくれるのでわかりやすいと評判です。
最近では事業において想定外のことが起こっていますが、今後は想定内として実践する必要があります。
チームを良い状態に保ち、成果をアップするにはどうしたらいいのかを実践ができるでしょう。
戦略を変えることで、長期的なビジネスの成長を可能にするメリットがあります。
webを使って、オンラインでも参加できるようなシステムがあります。

新着情報

◎2023/12/1

情報を追加しました
>管理職ワークショップは店舗経営者にも最適
>学校の管理職によるワークショップの活用が増加
>管理職ワークショップオンラインで参加のメリット
>管理職ワークショップで仕事の進め方を学ぶメリットとは
>管理職のワークショップで積極的に情報を得よう!

◎2023/2/3

情報を追加しました。


>管理職の人材育成にはワークショップ受講が有効
>次世代のリーダーを作る管理職向けワークショップ
>管理職のスキルを身につけるワークショップ
>オンラインでの管理職ワークショップのススメ
>管理職には経験豊富な講師が行うワークショップ研修がおすすめ

◎2022/4/15

情報を更新しました。
>経験を積んだ50代の管理職向けワークショップ
>組織の中核的存在である管理職のワークショップ
>管理職向けワークショップで経験値を活かしたマネジメントを学ぶ
>管理職向けワークショップのチェックポイントについて
>管理職の心構えや指導法を学ぶ人気ワークショップ

◎2020/11/27

ワークショップに参加するメリット
の情報を更新しました。

◎2020/9/28

管理職が抱える課題を克服
の情報を更新しました。

◎2020/8/18

チームを引っ張る能力
の情報を更新しました。

◎2020/4/24

戦略MGゲーム
の情報を更新しました。

◎2020/3/3

ビールゲーム|レク例
の情報を更新しました。

◎2020/02/14

サイト公開しました

「管理職 チーム」
に関連するツイート
Twitter

管理職手当てって、部下の労いのためだと思ってるからよ」と、サラッと言い切る上司に心打たれました。 非正規雇用や派遣、アルバイトさんだろうが関係なく等しくワンチームの精神の上司にキュンすぎた。 こういう人こそが、まさに周りから信頼される人だなぁ、と感じた先日の話

最近思うのは、女性の組織やチームで、マネジメント経験した人&成果出した人が、女性のメンタリングやらないと、女性起業家(経営者)も、女性管理職も疲弊させてしまうなという事。気付けてない人が、多すぎる…怖い怖い😓🫠(やる気搾取してる事に気付いてない…)

黒田監督は、サッカーチームの監督およびクラブ(企業組織)の中間管理職として、卓越した能力をお持ちなのは色々な記事からも間違いないように思いますが、広報(この局面は危機管理広報の一種)としては、これは悪手のように思える。どなたか助言された方が良いのでは。

返信先:たしかに… 昨日は管理職と教務チームが若手と合同飲み会🍺…😅

仕事を個人だけに丸投げで終わらせない姿勢。情報を共有して活かす姿勢。悩みをチームで対応して早急に片づける姿勢。それらが無ければ報連相も生きない。 それを本気で取り組む必要が会社の役員・管理職にはある。 それが判らない限り、報連相は只のスローガンで終わる。